夏の準備



先日の京都では3年ぶりの祇園祭りがありました。

今年はとにかくやれて良かったなぁと思います。


私はあの激混みストリートに潜入する勇気はなくもうずいぶんと行っていないのですが毎年主催側として関わったり当たり前に行くものになっている人にとってはもや人生の風景の一部。

何年も出来ない状況はとっても我慢されていたことでしょう。

そういう多くの人にとって大事にされてきたものはそろそろ気をつけながらも日常に取り戻していきたいところです。 そんな祭りのない私の夏には海がある。

8月は夏休みもあるので体も含めてぼちぼち準備。



海に行った際の日焼け止めは4~5年はずっとvertraのFACE STICKを使っています。

アスリート向けの日焼け止なのですが肌が弱っ弱の私でもトラブルなく使用できるています。



私は周りを気にせず舞台役者さんくらいコッテリ塗って完全防備です。

(とはいえそもそも海なんか行かないし焼かない、という人よりは当然焼けます。)

荒波に巻かれても海水の塩が付いたまま2時間くらい海の中日差しに晒されてても他のウォータープルーフの日焼け止めのようにヒリヒリしてこないし、知らぬ間に取れていたりもありません。

普通のウォータープルーフでは激しい運動で知らぬ間に取れちゃう人や肌の弱い人に向いていると思います。

肌色を選べるのもgoodです。

珊瑚の保全の為に紫外線吸収剤も入っておらず、使っているとしっかり機能しているのに肌が荒れにくい実感があります。


そして年々難しくなる水着選び。

皆さんどうされてますか。

私はウェットスーツの下に着ることがある(装飾と余分なゆとりNG)、そして40代でも水着だけになった時に無理してない感じでヘルシーでなんかええやん、あたりを狙って選びます。

肩や背中で紐を結んだりするタイプのものはウェット下では紐が邪魔なのと、お腹の上部に切り替えがあったりするとパドリング(サーフボードの上でうつ伏せになって手で漕ぐ動作)をするときに縫い代がお腹に当たって肌がズル剥けたことがあって、切り替えの少ないパターンでできているのものから選びます。

ここ数年水着をインナーとして着る人もいるくらい水着というアイテムは盛り上がっていてデザインも豊富になりました。

とはいえウェットスーツの下にも着れて、且つ40代で水着だけになっても無理していない感じの水着って選択肢狭い。

もはやワンピースかタンキニか。

ビキニはもうあきません。。。

何着か持ってて安定感があるのがseea

最近取扱も増えて色んなお店で買えるようになりました。

サーフウェアブランドでレトロポップなデザインが特徴。



カッティングはあえて鈍臭いのがレトロなプリントによく合います。

遊びがあるデザインだけど体の露出が少ないものが多く着用時に安心感があります。。

欲を言えば上半身のカッティングがもう少しシャープだといいのに、といつも思う。

ラッシュガードとショーツがくっついたオールインタイプもワンピースも充実しています。

そして一昨年買って素材感がとても良く、シンプルだけどカッティングがいい感じ!

と思っていたのがeit swim

こちらもマリンスポーツをやる人に向けてのデザインということもあってシンプルなカッティング&機能的でgood。



私は短いキャミとハイウエストのショーツを使っていました。

最近は当たり前になりつつありますがトップスとショーツを上下別々に選べる自由さも良いです。



しかしこちらで買ったタンキニもパドリングの際にキャミとショーツの隙間にサーフボードのワックスのつぶつぶが肌に直接当たってこれまた肌がズル剥けたので着るの中止しました。

が、改めて今年は少し長めのキャミ出てるからそれだと隙間できないから使えるかもと思ったり。

ずる剥け体験後でも懲りずにまた別の試してみよっかな〜と思っちゃうくらい好みのブランドです。

シンプルだけど雰囲気あるのを探してる人には超おすすめ。

そして今は日本から撤退しちゃったけどJ.CREW

水着の型数たくさんあって様々な要望に答えてくれる懐の深さがあり、結構可愛いくて値段もお手頃です。

海外発送になっちゃうけど水着だけでなく普通にTシャツなんかもいいしメンズのトランクスもレトロなプリントが可愛くて実は素材が結構良いのです。

メンズはボクサー一択の雰囲気?だと思いますがたまには気分を変えていかがでしょう。

家族分あれこれまとめて注文するも良し。



そして水着はまだ使ったことないんだけどとっても好みのデザインで気になっているのがAraks

こちらはランジェリーがめちゃんこ可愛くて大好きなブランドですが水着も可愛い。

カラーセンスも抜群。

シンプルなワンピースのデコルテとアームホールのカッティングがとてもいいなあと思いつつハイレグ感が厳しいので断念。

他の形もシンプルだけどエッジが効いててとても好きなデザインです。

他にもデザインがクールだと思うブランドは色々あるのですが私の使い方には不向きだったり実際着るには死ぬ気で体整えないと、とかあと10歳若ければという結果になることが多いです、泣

最近だとモードなブランドほどハイレグ出しててしててカッコいいのは解るけど自分で着るのはもう無理っす。。。

(そういえば高1の夏だけ水泳部に所属しましたが、競泳用の部活指定のものはspeedのものでハイレグでした。1994夏。)

オンラインでの購入時は特にヒップのカッティングが思ったよりえぐれてることがあるので鍛えていない方は注意しましょう。。。

ヒップをしっかり鍛えている方は選びたい放題な2022水着事情。 まだどうやら梅雨では?と言いたくなるようなお天気が続きますがこれが明ければ夏本番。 みなさまそれぞれ良い夏をお過ごしください。


最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square