​日常を装う

揺らぐ時間の中で自然体でいられる心地よさ 

 

誰かに会いに行きたくなるような少しの高揚感

 

流れゆく時間の変化を受け入れながら

 

自分らしくいられるように